バリアクリスタルウォーターコート

 
ウォーターコートは、自然界にある約10種類の鉱物を加工した特殊セラミックの性質特徴を活用し、水を電気分解し外壁等の表面の凹凸に電器メッキの原理で被膜を作る仕組みを利用してます。
この特殊セラミックは水を弱アルカリ性にし、塩素等を中和させます。 また、この特殊セラミックは電極を持っており水を電気分解し、洗浄力を増し、またガラス成分 (ホウ酸シリカ)を湧出させます。
上記の成分を含んだ水を機能水といい、この機能水を水圧で対象物に吹き付けることにより、二つの働きをします。
一つは、イオン水の働きで汚れを浮かして取る界面活性効果と膜形成効果です。
このとき空気中の炭酸ガスも利用し結晶を起こさせます。
電気メッキの原理により対象物の保護層の分子とホウ素シリカの分子が吸着し深部から結晶成分が配向し対象物の保護層を改質強化させます。
車用ウォーターコートの特徴
【親水性】
 水を弾かず砂・埃等と一緒に雨水が流れる
【耐久性】
 100%結晶化ガラスの被膜で耐候性が強い
【防汚性】
 レンズ効果によるウォータースポットをつくりにくい
【易洗性】
 ガラスを洗うような滑り感で洗車がらく